TOFUBAR(アサヒコ)から分かる”価値”の創出方法【ネットビジネス外伝】

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!

TOFUBAR(アサヒコ)から分かる”価値”の創出方法【ネットビジネス外伝】

 

 

TOFUBAR(アサヒコ)のチャレンジ

 

 

(→【画像元】

 

 

豆腐メーカー・アサヒコのTOFUBARが大ヒット!

 

 

●豆腐メーカー・アサヒコのTOFUBARが大ヒット!

 

 

ハヤトです。

(ハヤトの全てを理解して下さい♪→【人生レポート】

 

 

 

 

 

最近、プロテイン市場が活気づいていますね。

 

 

 

 

 

そこにまた新製品が出てきました。

それも、豆腐メーカーから!

 

 

 

 

 

以下、2021/05/10  日経MJ P.14から引用。

 

 

 

 

『豆腐メーカーのアサヒコ(さいたま市)は3月、「TOFU PROTEIN(トーフプロテイン)」の全国展開を始めた』

 

『アサヒコは、2020年11月にもコンビニエンスストア向けに「TOFU BAR(豆腐バー)」を発売した。和風だしと柚子胡椒風味(エリア限定)の2種類で、水切りや薬味なしで片手で豆腐を味わえるよう仕上げた』

 

『豆腐バーの小売価格は138円と木綿豆腐より単価が高い。出荷数は4月時点で340万本に及ぶ』

 

 

 

 

引用終わり。

 

 

 

 

 

記事には「TOFU PROTEIN」がありますが、今日の記事の本命は、その次にある

・TOFU BAR

の方です。

 

 

(→【TOFU BARのHP】

 

 

 

 

 

豆腐を「BAR」にして、片手で食べられるような「携帯食」にしたのが、TOFUBAR。

 

 

 

 

 

HP上には、「豆腐バー」と「TOFUBAR」の両方の表現があります。

ここでは、わかりやすそうなTOFUBARで統一します。

 

 

 

 

 

TOFUBARは大ヒット中ですが、そのヒットの秘密、そして、その背後にある「開発戦略」を見ていきましょう!

 

 

 

 

 

「おかず」としての「豆腐」から、「プロテイン摂取」戦場へ

 

 

●「サラダチキン」を競合として開発されたTOFUBAR

 

 

TOFU BARのウリは、たんぱく質(プロテイン)の含有量。

 

 

 

 

 

以下、2021/05/10  日経MJ P.14から引用。

 

 

 

 

『アサヒコでは、栄養バランスも検討している。サラダチキンでとれるたんぱく質が12~13グラムとされる中、豆腐バーの場合、初期の試作品は7グラム程度を含んでいた。改良を重ね10グラムにまで高めた』

 

 

 

 

引用終わり。

 

 

 

 

 

プロテイン(たんぱく質)の含有量を、試作品の7gから10gにまで改良して高めました。

その理由はなんでしょう?

 

 

 

 

 

そして、記事に『サラダチキンでとれるたんぱく質』という表記がありますが、なぜ『サラダチキン』なんでしょう?

 

 

 

 

 

その理由は、『サラダチキン』を競合においているからです。

アサヒコの商品HPを見てみましょう。

 

 

 

 

 

以下、HPから引用。

 

 

 

 

『「TOFU BAR」1本(68g)には、良質な植物性たんぱく質が10gも含まれています。これは、絹ごし豆腐の約2.7倍のたんぱく質量となります(七訂比較)。スティックタイプなので、会社や自宅でいつでも手軽に植物性たんぱく質を摂取することが可能』

 

『もっちり噛み応えのある食感は、手軽にたんぱく質が摂取できることで人気のサラダチキンやサラダフィッシュと比べても、遜色のない満足感が得られます』

 

 

 

 

引用終わり。

 

 

 

 

 

『手軽にたんぱく質が摂取できることで人気のサラダチキンやサラダフィッシュと比べて』と、明確に「サラダチキン」「サラダフィッシュ」を競合においていることがわかります。

 

 

 

 

 

そして、その「サラダチキン」「サラダフィッシュ」が人気な理由が、『手軽にたんぱく質が摂取できること』なんですね。

 

 

 

 

 

先ほどの記事に、『サラダチキンでとれるたんぱく質が12~13グラムとされる』とあります。

 

 

 

 

 

競合であるサラダチキンの12~13gと比べて、プロテイン含有量が試作時の7gでは少なすぎるわけです。

 

 

 

 

 

そこで、『改良を重ね10グラムにまで高めた』(記事より)わけです。

 

 

 

 

 

”プロテイン摂取”という意味で言えば、確かに7gだと、感覚的に心許ない(=少ない)感じがします。。。

 

 

 

 

 

10gあると、あとは食事で(それこそ豆腐で)補える、という感じがしますね。

 

 

 

 

 

●「おかず」としての「豆腐」から、「プロテイン摂取」戦場へ

 

 

ここで、TOFUBARは、

・豆腐だが、豆腐という「使い方」ではない

ということがわかります。

 

 

 

 

 

「サラダチキン代わりのプロテイン摂取」というのが、TOFUBARの使い方なんです。

だからこそ、プロテイン(たんぱく質)の含有量を高めていく必要性があったわけです。

 

 

 

 

 

「プロテイン摂取戦場」という、自社にとっての「新戦場」を狙って開発されたのが、TOFUBARという新商品。

 

 

 

 

 

会社全体として見ると、

・「おかずとしての豆腐戦場」から「プロテイン摂取戦場」への戦場のシフト

というのが、TOFUBARの戦略的な意味だったわけです。

 

 

 

 

 

そして、だからこそ「TOFUBAR」は、豆腐の主戦場である「スーパー」ではなく、「コンビニ」を狙ったわけです。

 

 

 

 

 

冒頭の記事の『アサヒコは2020年11月にも、コンビニエンスストア向けに「TOFUBAR(豆腐バー)」を発売した』という部分です。

 

 

 

 

 

コンビニで売っている「サラダチキン」を競合にしているわけですから、コンビニで売らないと意味がないわけですね。

 

 

 

 

 

「戦場」が変われば「チャネル」も変わるわけです。

 

 

 

 

 

戦場が変われば強みが変わる。新しい戦場で新しい強みを作ろう!

 

 

●戦場が変われば強みが変わる。新しい戦場で新しい強みを作ろう!

 

 

TOFUBARは、

・「おかずとしての豆腐戦場」から「プロテイン摂取戦場」へ

と、自社にとっての新戦場を狙って開発されました。

 

 

 

 

 

しかし、「プロテイン摂取戦場」には、既に多くの競合がいます。

 

 

 

 

 

「自社にとっての新市場」は、「競合にとっての既存市場」です。

そこでの「強み」がなければ、「プロテイン摂取戦場」にいる既存の競合に負けてしまいます。

 

 

 

 

 

プロテイン摂取戦場における「強み」は何でしょう?

 

 

 

 

 

●プロテイン摂取戦場で活きる「植物性」という強み

 

 

「プロテイン摂取戦場」におけるTOFUBARの強みは何かというと・・・・

 

 

 

 

 

以下、HPから引用。

 

 

 

 

『また、植物性たんぱく質は、動物性たんぱく質に比べ飽和脂肪酸が少なく、より健康的にコレステロールを抑えることができます』

 

 

 

 

引用終わり。

 

 

 

 

 

TOFUBARは、もともと「豆腐」ですので、植物性たんぱく質です。

だから、「コレステロール」が低いんです。

 

 

 

 

 

コレステロール値が高く出る人にとっては、植物性たんぱく質(ソイプロテイン)はありがたいでしょう。

 

 

 

 

 

実際、プロテイン粉末でも、ソイプロテインが出ています。

 

 

 

 

 

”ザバス”というブランドで知られる明治からも、大豆たんぱく質100%をウリにしたソイプロテインが2018年に発売されました。(→【HP】

 

 

 

 

 

そこにはニーズがある、ということでしょう。

 

 

 

 

 

では、豆腐そのものでもいいのでは、、、、となりますが、「豆腐」そのものに対するTOFUBARの強みは、どこでも食べられることです。

 

 

 

 

 

TOFUBARは、会社でも食べられるようなスティックタイプになっていることが、「豆腐」そのものに対する強み、です。

 

 

 

 

 

・豆腐に対する強み:スティック状で会社などでも食べやすい

・「サラダチキン」などの動物性プロテインに対する強み:植物性プロテインで低コレステロール

と、それぞれに対する「強み」があることがわかります。

 

 

 

 

 

なお、先ほどの「ソイプロテイン粉末」に対する「強み」は、水に溶かさなくてもすぐに食べられる、ということでしょうね。

 

 

 

 

 

TOFUBARの「弱み」は、「要冷蔵」という点。

豆腐だけに、常温保存ができません。

 

 

 

 

 

その意味で言うと、強力な競合は「プロテインバー」でしょうか。

 

 

 

 

 

・いつでもどこでも持ち運べて食べられる

・プロテイン15g含有

という意味で、強力な競合になるでしょう。

 

 

 

 

 

これに対する強みは、やはり

・「植物性」である

・豆腐のヘルシー(そうな感じがする)さ

というところでしょうか。

 

 

 

 

 

「プロテイン摂取戦場」には様々な競合があり、「モノ」(商品)では切れない、ということがよくわかりますね。

 

 

 

 

 

お客様のアタマの中での「競合」は、「モノ」(商品)ではなく、「価値」「うれしさ」(この場合はプロテイン摂取)で起きていることがよくわかります。

 

 

 

 

 

伸びるプロテイン市場、縮む豆腐市場

 

 

●伸びるプロテイン市場、縮む豆腐市場

 

 

では、なぜ「プロテイン摂取」戦場を狙ったのでしょうか?

ここで、プロテイン市場・豆腐市場を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

まず、プロテイン市場ですが、大きく伸びています。

 

 

 

 

 

以下、明治のニュースリリース(→【該当ページ】)から引用。

 

 

 

 

『2020年のプロテイン市場は約770億円(見込み)で、5年前と比較して3倍以上に大きく伸長しています(図1)。市場伸長の背景には、近年の健康意識の高まりに加えて、2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が挙げられます。外出機会の減少や運動不足などにより、ボディメイクやトレーニングをする方が増えています』

 

 

 

 

引用終わり。

 

 

 

 

 

5年前の3倍ですから、コロナより前からそのような傾向にある、ということですね。

 

 

 

 

 

一昔前だと、プロテインは、

・筋トレする人がジムでシェイクして飲むマニアックな飲み物

でした。

 

 

 

 

 

ですので、スポーツショップに行かないと買えませんでした。

今のように、ドラッグストアなどには売っていなかったんです。

 

 

 

 

 

それが、色々な意味で健康に良い、という評価をされるようになり、一般の人に広まってきたんだと思います。

 

 

 

 

 

●豆腐の支出金額

 

 

それに対して、「豆腐」はどうでしょう?

例によって、総務省の家計調査から見ていきます。

 

 

 

 

 

2015年:5,662

2016年:5,667

2017年:5,479

2018年:5,351

2019年:5,118

2020年:5,309

 

 

(→【総務省家計調査(家計収支編)時系列データ(二人以上の世帯)】

 

 

 

 

 

2020年は、おそらくはコロナによる内食の伸びかと思います。

 

 

 

 

 

それ以外の年は一貫して減っていますし、2020年の伸びも、2年前に戻っただけにすぎません。

2015年→2019年の4年間で1割落ちていますから、急激な落ち込みです。

 

 

 

 

 

●伸びる戦場への「シフト」を狙ったTOFUBAR

 

 

こう見てくると、TOFUBARは、

・主戦場である「豆腐」の急激な落ち込み

・「プロテイン摂取戦場」の急激な伸び

を見た上で、「プロテイン摂取戦場」を狙って商品を開発した、ということがわかりますね。

 

 

 

 

 

そして、「豆腐」の「植物性」という「強み」を活かせるのが

・TOFUBAR

という「プロテイン摂取戦場」向けの商品だったわけです。

 

 

 

 

 

結果として、

・『出荷数は4月時点で340万本』(冒頭の記事)

・『2020年11月の発売から生産ラインが間に合わないほどの売れ行き』(アサヒコのHP)

という大ヒット商品になりました。

 

 

 

 

 

しかも、冒頭の記事にあるように、

『豆腐バーの小売価格は138円と木綿豆腐より単価が高い』

と、高く価格を設定できます。

 

 

 

 

 

自社の主戦場だった「豆腐」は衰退しています。

しかし、だからと言って、全くお門違いの新商品を開発するのはリスクが大きいです。

 

 

 

 

 

ですが、よく見てみると、「豆腐」のすぐ近くに

・自社の強みがすぐに活かせる新しい戦場(=プロテイン摂取)

があったわけです。

 

 

 

 

 

しかも、自社にとっては高単価な市場です。

 

 

 

 

 

「戦場」は、モノではなく「使い方」で定義されること、そして、自社の強みが活きる新しい「戦場」の狙い方がよくわかる、お手本のような事例でしたね♪

 

 

 

 

 

ハヤトの考察:TOFUBAR(アサヒコ)のチャレンジはネットビジネスマンを勇気付ける!

 

 

(→【画像元】

 

 

以上、TOFUBAR(アサヒコ)の事例を見てきたわけですが、「戦場を見極める」というのは、僕がネットビジネスをやっていても、いつも感じることです。

 

 

 

 

 

僕は、「価値は使い方に表れる」ということを利用し、1つの商品で数千万の収益を上げてきました。

 

 

 

 

 

1つの商品だから1種類なんてのは当たり前です。

しかし、今回のマーケティングを使えば、1つの商品を10種類にも20種類にもできます。

 

 

 

 

 

この魔法により、僕は他のネットビジネスマンと比べても、異次元の実績を積み上げられたんです。

 

 

 

 

 

例えば、「月30万の副収入を得る方法」なる教材を販売したとします。

 

 

 

 

 

普通のネットビジネスマンであれば、そのまま”月30万の副収入を得る方法ですよー”みたいな売り方をすると思うんですよ。

 

 

 

 

 

しかし、今回の記事の教訓は何でしょうか。

そう、<戦場は使い方で区分され、価値は使い方に表れる>でした。

 

 

 

 

 

使い方というのは、TPO(Time,Place,Occasion)で考えるとわかりやすいですね♪

ここに”人(誰が)”を加えれば、使い方が掴めます。

 

 

 

 

 

その教材を買ったとき、「教材でビジネスを学ぶ」・「教材のやり方で実践してみる」という、インプット・アウトプットの2つに大別されます。

 

 

 

 

 

「教材でビジネスを学ぶ」というインプットの使い方で考えると、

 

 

 

 

・誰が→大学生が

・いつ→登下校の時間に

・どこで→電車内で

・どうやって→時間潰しに

 

 

 

 

という使い方に限定させて、「バイト代に加えて、副収入も稼いじゃおう!」というメッセージで教材を販売することができます。

 

 

 

 

 

他にも、

 

 

 

 

・誰が→OLが

・いつ→お風呂上がって寝るまでの自由時間に

・どこで→リビングのソファに座りながら

・どうやって→自分を高める方法として

 

 

 

 

でも”使い方”を定義できますし

 

 

 

 

 

・誰が→専業主婦が

・いつ→お昼の空いた時間に

・どこで→家で

・どうやって→パート感覚で

 

 

 

 

でも定義できます。

 

 

 

 

 

こうすれば、全く同一の商品であっても、10通り20通り50通り100通りの売り方ができるんです!

そして、こうやって作ったメッセージは、相手に刺さります。

 

 

 

 

「みなさーん、聞いてくださーい」

なんて大声を張り上げても、全く振り返ってもらえないでしょうが

 

 

 

 

「佐藤さーん、佐藤次郎さーーん」

って叫べば、たまたまその場にいた佐藤次郎さんには振り返ってもらえます。

 

 

 

 

 

これと同じ原理で、該当者がものすごく狭いメッセージを打ち出せば、当てはまる人は少ないですが、当てはまった人には、確実に興味を持ってもらえます。

 

 

 

 

 

逆に、誰にでも当てはまるメッセージは、誰にも響かないんです。

これが、ビジネスが下手な人がドツボにはまる原因です。

 

 

 

 

 

ですので、このTOFUBAR(アサヒコ)の事例のように、しっかりと戦場を使い方で区分し、それとマッチする商品を制作・販売することを心がけましょう!

 

 

 

 

 

せっかく一生懸命作ったコンテンツが、全く誰にも届かないなんて、悲しすぎますから。。。

 

 

 

 

 

僕も最初はマーケティングのマの字もなく、超ド級のヘタクソ人間でしたが(笑)、学び、実践し、身に付けられてから、ネットビジネスにおいては無双できるようになりましたので、あなたにもそうなってほしいですね♪♪

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

・もっとネットビジネスを知りたい人は、コチラの記事がおすすめ!

 

 

【ネットビジネス攻略のための習慣】なぜハヤトは1日に2万文字もライティングできるのか

 

 

【お金持ちの必須条件を知ろう!】100億円を手に入れることは全く重要じゃないって話

 

 

【マネタイズをTwitter(ツイッター)でやってる人へ!】SNSでのマネタイズは必ず滅亡します

 

 

【読書をしないのはデメリットか?】読書をしても人生が変わるわけではない。でも、しよう!

 

 

【ネットビジネスで富裕層になるために】ハヤトがネットビジネスで3億円稼げたシンプル過ぎる理由

 

 

 

 

 

 

===================================

 

※ネットビジネスをこれから始めるなら、ブログとメルマガは必須です!!

 

下記からどうぞ!!(僕もこの2つで1億円以上稼がせてもらってます♪)

 

・ブログ:【エックスサーバー】

 

・メルマガスタンド:【マイスピー】

 

===================================

 

 

 

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!