【最強のライティングを教えてあげよう!】年収億を余裕で達成する無敵の文章術<その5>

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!

【最強のライティングを教えてあげよう!】年収億を余裕で達成する無敵の文章術<その5>

 

 

最強のライティングを学ぶ意味⇨文章の上手さと年収は比例する!

 

 

ハヤトです。

(ハヤトの全てを理解して下さい♪→【人生レポート】

 

 

 

 

 

 

今回は、<無敵の文章術>その第5弾です!

 

 

 

 

 

 

この無敵の文章術シリーズの記事を読んで、「売り上げが本当に上がりましたー!」「ずっと達成できなかった月収50万円の壁をあっさり突破できちゃいましたー!」というお礼のメールをメルマガでめっちゃいただくのですが、すっごく嬉しい!!

 

 

 

 

 

 

こういう反応をもらうたびに

「そうそう!これこれーーー!!」

「これが俺の欲しかったものや!!!」

「このために俺は記事を書き続けてるんやーーー!!!」

という気持ちにさせてもらえます。

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございます!!

もはやお金を稼ぐことをモチベーションにできなくなった僕の最後のモチベーションになってくれて。。。

 

 

 

 

 

 

今日の記事もそういったお礼のメールをいただける内容となっております!

ぜひ、ご堪能ください♪♪

 

 

 

最強のライティング術:<二択>を突きつけ思い通りに行動させる!

 

 

今日の結論はこれです。

【<二択>を突きつけなさい!】

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

 

僕はブログ記事を作るとき、基本は”1記事ワンメッセージ”にしています。

一つの記事で紹介するノウハウを1つだけにすることで、その1つのノウハウを深く掘って書けますし、読者さんもそのノウハウだけに集中しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

2つ3つ5つのノウハウを同時に1つの記事に落とし込むと、どうしても一つ一つが薄くなってしまいますし、読者さんも目が散ってしまい、一つ一つのノウハウに集中しにくく、「なんかいっぱい教えてもらったけど、もうほとんど忘れてもーたなぁ〜」ってなっちゃいますから。。。

 

 

 

 

 

 

できるだけそうしてるんですが、僕も同じ作りで記事を作り続けているとどうしてもマンネリしてしまって、ブログへのモチベーションが下がってしまうので、記事投稿を継続させるために、あえて逆を行った作り方もしています。(笑)(つい最近の記事はそういう作りやったね….w)

 

 

 

 

 

 

ブログ記事に関しては、”1記事ワンメッセージ”でいいんですが、セールスレターでも”1レター1商品”がいいのかというと、そういうわけではないんですねぇ、これが。

 

 

 

 

 

 

理屈はこうです。

☑1つの選択肢→<買うor買わない>になってしまう….

☑2つの選択肢→<Aを買うorBを買う>にできる!

 

 

 

 

 

 

僕がこのテクニックのすごさを身を持って思い知った体験談があるので、そちらをまずはご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

あれは、2017年の8月のこと。

その頃の僕は、アフィリエイトでの月収が80万くらいで、まずまずの実績を出せていました。

 

 

 

 

 

 

基本はプロテインとケトルベルをアフィってその数字を出していたんですが

「筋トレグッズ買う人は筋トレの効率的なやり方的なノウハウも買ってくれるやろ!?」

「バックエンドにトレーニングのインフォ教材もセールスしよーっと♪」

「これで少なくとも2倍の売上にできるはず!!」

と、我ながら妙案を思いつきました。

 

 

 

 

 

 

 

ステップメールで教育・販売を行っていましたから、メルマガ登録から7日後に筋トレグッズを、20日後にトレーニングに関するインフォ教材のセールスメールを流すことに。

 

 

 

 

 

 

僕がステップメールで施していた教育には結構自信があって、100人がメルマガに登録してくれたら、60人〜65人の人が筋トレグッズを買ってくれるほどの威力でした。

 

 

 

 

 

 

なので、バックエンドとしてインフォ教材を置いたとしても、少なくとも20人の人は買ってくれると見積もっていたのです。

 

 

 

 

 

 

しかし、甘かった。

5月の下旬からバックエンドを設置したんですが、6月7月と、プロテインを売るためのステップもケトルベルを売るためのステップも、両方ともバックエンドが1つも売れません。。。

 

 

 

 

 

 

やはり、お客様がインフォ系の商品を買う抵抗感というのは、こちらが予測しているよりも大きかった。

バックエンドが予想以上の不調だったことに加え、8月の真夏になり、暑さで頭がボーッとしてイライラしていたので、かなりテンション下がっていました・・・・

 

 

 

 

 

 

「はぁ〜、全然あかんやん・・・・」

「そこそこネットビジネスで稼げてたから図に乗ってたわ….」

「やっぱり俺は才能のないザコなんやなぁ。。。」

 

 

 

 

 

 

当時の僕は今ほど成熟していませんでしたから、これしきの失敗で大きいダメージを食らっていたわけですね。

かわいいでしょ?ww

 

 

 

 

 

 

どうしようか散々頭を悩ませましたけど、「才能も実力も無い俺が考え続けても時間のムダじゃい!」って開き直って、ビジネス仲間に相談してみることにしました。

 

 

 

 

 

 

僕が相談したのは、竹内さんという物販を得意とするビジネスマンでした。

Twitterのネットビジネス界隈で仲良くなったんですけど、彼はその当時、営業職の傍らで副業的に始めた物販で、月に150万も稼ぎ出す凄い人でした。

 

 

 

 

 

 

料理がめちゃくちゃ上手くて、スパイスから作った店開けるレベルの手作りカレーをTwitterとインスタで投稿しまくったり、彼女へのプロポーズを100日前からTwitterでカウントダウンして、いざ当日、Twitterの生配信で彼女にプロポーズして思っクソフラれたり、かなりクセまみれの人ではありましが、ネットビジネスの実績で格上ですし、何よりすっげぇ良い人。

 

 

 

 

 

 

ですので、畑はちょっと違うけど、何か良い意見もらえるかなぁ〜と思い、相談しました。

すると竹内さんは、「それだったらシュガーマンの本読んだ方が良いよ♪」「セールスに関する悩みはだいたい解決するし!」「俺も本に書かれてあるノウハウ試したけど、かなり売上アップできたもん!」と答えてくれました。

 

 

 

 

 

 

アドバイスを与えられたらとりあえずその通りに動いてみる系人間なので(笑)、すぐにAmazonで”シュガーマンのマーケティング30の法則”という本を購入しました。

(こちらがその本→【シュガーマンのマーケティング30の法則】

 

 

 

 

 

 

この本はマジで凄いです。

これで数千円なんてありえない・・・・

ビジネスやってる人は200万出しても買うべきです。

 

 

 

 

 

 

本当に読んでいくうちに衝撃が増してきて、「マジか?!」「いや、こんなやり方ありなの?!」「うっそ、これで売れるんや!」って、語彙力がヨボヨボになるくらいスゴかった….w

 

 

 

 

 

 

その中で僕が一番印象強かったのが、今回のテーマである”商品を2つ提示せよ!”というもの。

なんで一番印象強かったのかというと、その時の僕は、「セールスレター1枚につき紹介する商品は1つだ!」「それが最も売り上げに繋がる!」って思い込んでいたし、事実、このやり方で月収80万まで来たから。

 

 

 

 

 

 

この本を読まなかったら、その思い込みは一生僕の頭にへばりついていただろうし、僕がバックを売ることを諦めて、もしかすると、ネットビジネスの世界をも諦めてしまっていたかも….?

 

 

 

 

 

 

もう僕はシュガーマン先生の虜になっていたので、すぐにそのノウハウを試してみました。

バックエンドで3万円のトレーニング系インフォ教材を紹介していたのを、同じセールスレターに、1万円の別のトレーニング系インフォ教材を載せてみました。

 

 

 

 

 

 

その効果は圧巻の一言。

僕が1つも売ることができなかったバックエンドを、なんと8月の最後の2週間で5つも売ることができたんです!

 

 

 

 

 

 

マジで踊り狂いたい気分でしたよ。

だって、6月7月で1つも売れない長いトンネルの中にいたんやもん。

シュガーマン先生、ありがとう!!!

 

 

 

 

 

 

この手法が素晴らしかったのは、<選択肢のすり替え>を行えたこと。

この体験談の最初に書いたことですね。

 

 

 

 

 

 

 

1つの商品しかセールスしていないと、「買います!」「買いません!!」の2つの選択肢です。

しかし、2つの商品がセールスされると、「Aを買おうかしら?」「いや、Bの方を買った方がいいかしら?」と、買うこと前提での選択肢にすり替わるってわけ!

 

 

 

 

 

 

どちらを選択してくれても、こっちの利益になるわけですから構いません♪

事実、僕はそのバックエンドで、累計で180万ほどを稼ぎ出しました。

 

 

 

 

 

 

 

人間には、与えられた選択肢の中から選ぶ性質があるそうです。

なので、”AとBの2つの商品”という選択肢が与えられれば、無意識にその中から選ぶんですね。

 

 

 

 

 

 

では、そもそもなぜそのような性質が人間には備わっているのでしょう?

これがどこにも載っていなかったので、完全に僕の推測になりますが、僕が考察するに<優位に立って気持ちよくなるから>だと思ってます。

 

 

 

 

 

 

選択肢を提示する側と選択肢を検討する側だったら、立場が上なのは後者です。

臣下の案を検討する王様しかり、レスランでメニューからオーダーするものを選ぶお客さんしかりね。

 

 

 

 

 

 

人間は社会的で文明的な生き物です。

つまり、相手より立場が上である優越感に浸りたい生き物なんですよ。

 

 

 

 

 

 

GUCCIなどのブランド品とかベンツなどの高級車に手を出すのも、芸能人やYouTuber、TikTokerになってファンからキャーキャー言われたいのも、承認欲求からでしょ?

 

 

 

 

 

 

承認欲求って、「他者から承認されたい!」「他者から認められたい!」「他者から凄いと思われたい!」「他者より優れているってみなされたい!」ってことですから、立派な優越感ですね。

 

 

 

 

 

 

 

優越感を得ると、人は気持ちよくなります。

気持ちいいってことは感情優位ですから、脳で冷静な判断ができないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

日々の生活に必ずしも必要じゃない買い物をするとき、人は冷静ではありません。

一旦落ち着いてじっくり考えてみると、ご飯とか空気とかみたいに、行きていくのに無くてはならないもの以外は買わない決断をするでしょうから。。。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ビジネスにおいて、”お客様を冷静にさせない”というのはすごく大事で、<二者択一を与える>をすると、それが演出できるわけです!!

 

 

 

 

 

 

僕は実体験からそれを思い知りましたが、あなたはこの記事で、僕の実体験を追体験できました。

あとは行動するだけですね♪♪

 

 

 

まとめ:最強のライティングは人生を変える近道である!

 

 

以上、今回の<無敵の文章術>第5弾の内容でございました。

 

 

 

 

 

 

勘違いしてほしくないのは、別に選択肢を1つの商品にするのが悪いわけじゃないってこと。

売る商品によっては、1つだけを提示する方が利益率が高い場合もあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

今回は、一つの商品だけを提示しても問題が解決しないときに、「提示する商品を2つにすれば解決する場合もあるよー」ってお話です。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、選択肢を3つにした場合ですが、一定の効果はあります。

しかし、3つ以上の選択肢を与えられたとき、お客様としては「選ぶのめんどくせーなー」という、また別の問題が生じてきますので、2つまでで留めておくのがベターでしょう。

 

 

 

 

 

 

このテクニックで、あなたのセールスが爆発的に伸びることを願っております♪♪

 

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

メルマガの登録もお忘れなく!!!

ブログ記事をも凌駕する、完全秘匿のブラックテクニック満載です!!

 

 

 

 

 

===================================

※ネットビジネスをこれから始めるなら、ブログとメルマガは必須です!!

下記からどうぞ!!(僕もこの2つで1億円以上稼がせてもらってます♪)

・ブログ:【エックスサーバー】

・メルマガスタンド:【マイスピー】

===================================

 

 

 

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!