【ネットビジネスにおけるメルマガ実験】500文字のメルマガと2000文字のメルマガはどっちが効果的?

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!

【ネットビジネスにおけるメルマガ実験】500文字のメルマガと2000文字のメルマガはどっちが効果的?

 

 

疑問:ネットビジネスで使うメルマガの最適文字数はどれくらいだろうか?

 

 

ハヤトです。

(ハヤトの全てを理解して下さい♪→【人生レポート】

 

 

 

 

 

2017年の夏に、文字数に関するビジネス実験をしました。

まずは、なぜそれをやろうと思ったのかってことですね。

 

 

 

 

 

単純な話、長い文章を書くのがめんどくさくなったから。(笑)

 

 

 

 

 

僕はブログとメルマガに焦点を当てて頑張ってたんですけど(今も)、それぞれ2000文字3000文字平気で書かなきゃいけないので、毎日継続させるのがだいぶキツイ….

 

 

 

 

 

ブログとかは1年くらい継続してりゃ月間50万PVになるし、僕は今10以上のブログを運用していて、合計すると月間のPV数が200万を超えるので、こうなったら週1とか2週間に1回の更新でいいんですけど、それまでがね・・・・

 

 

 

 

「はぁ〜、また今日も文章書かないと….」

「ブログ1記事とメルマガ一通で、最低でも4000文字かぁ…..」

「めんどくせ〜やめて〜〜」

 

 

 

 

 

こんな感じで、だんだんと憂鬱になっていくという・・・・w

ネットビジネス初心者が最も陥りやすい失敗の1つですね。

 

 

 

 

<継続できない>っていう。

 

 

 

 

 

継続することができれば成功しますよ。

 

 

 

 

正直、年収が1億を超えるような人が使う奥義的なノウハウを使いこなせる人でも、すぐに集客やら販売やらの本質が見抜けるセンス抜群の天才でも、継続できなかったら失敗します。

 

 

 

 

 

反対に、センスの欠片もなくて、ネットビジネスを浅い部分しか知らなくて、文章もヘタクソやし喋るのもヘタクソやしって人でも、継続さえ出来たら余裕で成功します。

 

 

 

 

 

なので、文字数の多い文章を書くことがダルくなって、継続することをやめてしまおうとするのは死活問題なわけです。

 

 

 

 

 

「継続をやめてしまったら、もうおしまいだ・・・・」

「でも、全然やる気が起きない・・・・」

「やらなきゃいけないのにやれない・・・・」

 

 

 

 

 

こんな葛藤がずっと僕の内側で渦巻いているわけです。

 

 

 

 

 

しかし、よくよく考えてみると、ブログとかメルマガで文章を書く目的って、文字数を増やすことじゃありませんよね?!

 

 

 

 

 

読者さんの悩みを解決したり、読者さんに価値を届けるために書くわけです。

 

 

 

 

 

2000文字せっせと書いても、全く面白みもなく価値もないなら、その作業は無意味です。

反対に、たとえ500文字しか書かなかったとしても、めちゃくちゃ面白くて価値のあるものなら、大正解。

 

 

 

 

「じゃあ別に文字数関係ないやん!」

「価値を提供することだけ考えとったらええねや!」

「よっしゃ、少ない文字数で楽になろうっと♪」

 

 

 

 

という考えになってしまいますが、ちょっと時間が経つと

 

 

 

 

 

「ん、待てよ。でも、上位表示されてる記事って大体文字数多いよなぁ。」

「登録者の多いメルマガだって、そこそこのボリュームのメールを毎日送ってくれるし。。。」

「結局、現実として文字数多いやつが勝つんやんけ・・・・」

「やっぱり文字数の多い記事とかメールを作らんとダメか・・・・(泣)」

 

 

 

 

って考えになってしまいます….

 

 

 

 

 

せっかくダルさから解放されそうな案を思い付いても、それを打ち消す悩みが生じてきて、全然動けないという・・・・

 

 

 

 

またまた迷路に迷い込んでしまう。。。

 

 

 

 

 

じゃあもう確かめてみようじゃないかっ!

 

 

 

 

少ない文字数と多い文字数で、どっちが結果を出せるのか。

実際に実験してみて出た結果なら、ウジウジ悩む必要はない!

 

 

 

 

 

それが、今回の実験をやろうと思った契機です。

次から、その実験の内容を書いていきます。

 

 

 

仮説・検証:ネットビジネス用メルマガの文字数は少なくてもいい

 

 

仮説はこうです。

 

 

 

 

【文字数と収益は比例しない】

 

 

 

 

これを検証していきます。

僕はこの実験にメルマガを使用しました。

 

 

 

 

 

ブログと迷ったんですが、ブログよりもメルマガの方が短期間で結果が出るので、メルマガにしました。

当時の僕はまだ実績も不十分でしたし、余裕綽々で実験ができる状況でもなかったですから。。。

 

 

 

 

 

そして、実験の主な内容はこうです。

 

 

 

 

 

ダイエットサプリ・健康飲料・トレーニング教材の3つをアフィリエイトするためのステップメールをA・B・C3つ用意します。

 

 

 

 

それぞれ

 

 

 

A:一通の文字数が2000文字以上

B:一通の文字数が1000文字〜2000文字

C:一通の文字数が500文字程度

 

 

 

とし、7通分のステップメールを組みました。

 

 

 

 

一通目はこうで、二通目はこうで、、、、というメールの構成は統一させました。

そして、それぞれのメールでのメッセージも同じにしました。

 

 

 

 

その上で、Aは具体例を多めに使うことで文字数を増やし、Bは適度な具体例でそこそこの文字数にし、Cは必要最低限のことしか書きませんでした。

 

 

 

 

 

具体的にメールの内容を書くと

 

 

 

 

1通目:自己紹介のメール

2通目:商品が解決できる悩みについて

3通目:その悩みを放置すると起こる面倒なこと

4通目:その悩みを解決できる他社の商品とそこと比較したときの本商品の強み

5通目:その商品の購入者の体験談

6通目:商品購入によって得られる未来

7通目:商品のセールス

 

 

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

3つのステップメールへと流すアクセスは、同一のブログだけにしました。

 

 

 

 

 

そのブログは月間で3万PVは稼いでくれるものだったので、月に100人くらいは登録者を獲得してくれるものでした。

 

 

 

 

 

長々と書きましたが、要は文字数以外は全て統一させて実験したんです。

 

 

 

 

 

実験の期間は2ヶ月とし、その間、3つそれぞれへの登録者を100に統一して計測しました。

その結果、収益はどうなったのかというと、、、、

 

 

 

 

①ダイエットサプリ:A→約4万円、B→約7万円、C→約12万円

②健康飲料:A→約6万円、B→約10万円、C→約7万円

③トレーニング教材:A→約18万円、B→約6万円、C→0

 

 

 

 

 

こういう結果が得られました。

仮説通りになったものもあれば、仮説とは違うものも・・・・

 

 

 

 

これが今回の実験の結果です。

次の章から、この実験の考察を書いていきます。

 

 

 

考察:商品単価により、ネットビジネス用メルマガの最適文字数は変わってくる

 

 

仮説が正しかったり正しくなかったりしましたが、この実験をやってよかったのは、この実験以降、文字数を設定してコンテンツを作らなくなったことです。

 

 

 

 

後に気付きますが、<数字の呪い>にかけられると、人間は必ず挫折します。

 

 

 

 

今回の文字数もそうですけど、ブログのPV数だったり、メルマガの登録者数だったり、YouTubeのチャンネル登録者数・動画の再生数・商品の販売本数・作業日数・月収・年収など、僕たちを評価する様々な数字があります。

 

 

 

 

 

数字そのものは客観的なデータをくれるのでありがたいですが、そこをモチベーションにしてしまうと、それを達成できなかった日には、ものすごくテンション下がっちゃいます。

 

 

 

 

本当なら作業に取り組んだだけでもすごいのに・・・・

 

 

 

 

なので、できるだけ数字をモチベにしない方がいいのですが、僕はそのことを今回の実験によって知ることが出来たので、呪いから解放されて、身軽な状態でビジネスに打ち込むことができてます♪

 

 

 

 

 

今回の実験を考察するに、僕の仮説は70%くらいは正しかった。

唯一考慮できなかったのは、商品の単価の影響を受けてしまうという点。

 

 

 

 

今回、実験で使用した商品の単価は、A→3000円、B→6000円、C→30000万円でした。

 

 

 

 

そして、上の実験を結果を見比べてみてください。

単価の一番低いAが仮説通りとなり、単価の一番高いCが仮説とは逆になりました。

 

 

 

 

この結果から推察すると、高価な商品であればあるほど、やはり文字数を要するしっかりした説明が必要だとわかりますね。

 

 

 

 

 

確かに、どれだけ相手を信用していたとしても、3万円の商品ってなったら身構えちゃうもんなぁ。

 

 

 

 

「えっ、ホンマに大丈夫かな?!」

「これ、詐欺やったら大変なことに・・・・」

「もっと安心できる確かな情報が欲しい….」

 

 

 

 

 

そう思うのは当然でしょう。

 

 

 

 

一方で、単価の低い商品ほど、その場のノリで購買を決めちゃうことも多いと思います。

 

 

 

 

女性はそうでもないでしょうが、男の場合、いちいちトイレットペーパーの値段を3軒くらいのスーパーを訪ねて比較したりはしませんから。

 

 

 

 

僕とか、ほとんどの日用品を値段を見ずに買っちゃいます。(笑)

お金にゆとりのある今じゃなくて、高校生のときからそうです。

 

 

 

 

 

ですので、短い文字数でも、必要なことが書いてあったら

「おっけおっけ、わかったわかった。」

「まー物は試しに一回買ってみるかー」

ってノリで買ってくれたりもします。

 

 

 

 

 

それと、僕の記事を熱心に読んでくれている人は何回も聞いたことあるでしょうが、人間は長い文章を読みたくない生き物です。

 

 

 

 

もしそうじゃないなら、マンガよりも小説の方が売れているはずだし、小説よりも辞書とか聖書の方が売れています。

 

 

 

 

現代が、動画隆盛の時代にはなっていないでしょう。

 

 

 

 

 

こうして、購買のハードルの低さと人間の文章嫌いの特性が組み合わさって、実験結果が得られたわけです。

 

 

 

 

 

この実験から得られた教訓は

【扱う商品の単価によって最適な文字数は変わってくる】

ということ。

 

 

 

 

自分の売りたい商品の特徴をよく理解すれば、たとえ300文字でも500文字でも、利益面でマイナスになることはなく、むしろプラスになります。

 

 

 

 

何より、息苦しさが全然違う。

毎回毎回2000文字書かないといけないとか、めんどくさすぎて頭おかしくなりそうです。(笑)

 

 

 

 

僕はこの実験から、長い文字数を要するものと短い文字数で済むものを使い分けることで、モチベーションの低下を防いでおります♪

 

 

 

 

意欲的な日は長い文字数のコンテンツを作り、どうしてもタイピングの指が進まない日は短い文字数のコンテンツを作る。

 

 

 

 

こうすれば、足かせになるだけのノルマもないですし、どっちをやるにしろ、利益を増進させることができますから・・・・!

 

 

 

 

 

以上、文字数に関する僕の実験結果でした。

参考になってくれていたら幸いです♪♪

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

メルマガの登録もよろしくです!!

ブログには書けないノウハウが目白押しですので!

 

 

 

 

 

===================================

※ネットビジネスをこれから始めるなら、ブログとメルマガは必須です!!

下記からどうぞ!!(僕もこの2つで1億円以上稼がせてもらってます♪)

・ブログ:【エックスサーバー】

・メルマガスタンド:【マイスピー】

===================================

 

 

 

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!