嘘をつかない人間などいない。もしいたとすれば、その存在自体が嘘だ

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!

嘘をつかない人間などいない。もしいたとすれば、その存在自体が嘘だ

 

 

 

 

ハヤトです。

(ハヤトの全てを理解して下さい♪→【人生レポート】

 

 

 

 

 

今日は『嘘』についての記事になります!

 

 

 

 

 

日々生きてると、色んな嘘を目にしますね。

普通に生きててもそうなのだから、ネットビジネス業界なんてもっとそう。

 

 

 

 

 

「嘘しかねぇんじゃね?!」とすら思ってしまいます(笑)

 

 

 

 

 

僕もネットビジネス歴が6年を超えますので、これまでにたくさんの嘘をついてきました。

特に初心者の頃なんかは、嘘の実績を並べ立てることが正しいと思ってましたから。。。

 

 

 

 

 

だけど、それじゃ稼げなかった。

全然結果なんか出なかった….

 

 

 

 

 

そういう経験を経て、今は事実だけを文章にしています♪

 

 

 

 

 

この記事はネットビジネスマンはもちろんのこと、ネットビジネスに関係の無い方々にも響くものです。

 

 

 

 

 

ぜひ最後まで読んでいってくださいね(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

事実だけを述べるのに苦労していたトキさん

 

 

 

 

僕の教え子の中に、トキさんという方がいました。

当時大学院生で、僕の教材で真面目にネットビジネスを学んでくれていました。

 

 

 

 

 

飲み込みが早いし、何よりフットワークが軽い。

「〇〇やってくださーい」って言うと、その日のうちに行動してくれます。

 

 

 

 

 

僕から見ても、成功する素質を持った方でした。

しかし、稼げない下積みの期間というのは、人となりを変えてしまいます。

 

 

 

 

 

半年くらい経っても稼げずに、段々トキさんは疑心暗鬼になっていきました。

 

 

 

 

 

「俺がやってることって正しいのか。。。」

 

「違うやり方を検討すべきじゃないか。。。」

 

「これまでバカ正直に事実だけを書いてきたけど、嘘をついた方がPV数も伸びるんじゃないか。。。」

 

 

 

 

 

そういう心の混乱みたいなものを僕に相談してくれました。

 

 

 

 

 

その当時のトキさんの気持ち、僕には痛いほどわかります。

僕もまさに通ってきた道でしたから。

 

 

 

 

 

「まだまだネットビジネスマンとして新米です!」

「なので、みなさんで僕のことを有名にしてください!!」

 

 

 

 

 

こんな風に、ありのままの自分で発信していても見てもらえない。

だったら、嘘をつこうじゃないか。

 

 

 

 

 

「俺はネットビジネスで年収1億稼いでま〜す♪」

 

「家賃100万の部屋に住んで、3000万のランボルギーニ乗ってま〜す♪」

 

「俺みたいになりたい??」

 

「だったら、この教材を買おうね〜〜♪」

 

 

 

 

 

こういう発信をした方が儲かるんじゃないだろうか。

そういう気持ちになるのは当たり前です。

 

 

 

 

 

ネットビジネスとか関係なく、誰しも経験するでしょ?!

 

 

 

 

 

異性に良く思われたくて、学歴とか身長を虚偽に伝える。

親に怒られるのが嫌で、出任せの嘘で乗り切ろうとする。

 

 

 

 

 

うん、絶対にみんな経験がある。

トキさんは優しい人なので、誰もが経験することに苦しんでいたんですね(*_*)

 

 

 

 

 

 

あえて嘘をつかせてみた….

 

 

 

 

僕がトキさんに施した解決策はこう。

 

 

 

 

 

「なら、そうしましょう!」

「嘘をつきまくって稼いでみましょう!」

 

 

 

 

 

意外でしょ?!

普通は逆じゃないですか?

 

 

 

 

 

「確かにそんな思いにはなるでしょうが、嘘は絶対にダメです!」

「心の中の悪魔に負けないでください!踏ん張って!!」

 

 

 

 

 

こうやって、嘘をつかないように説得を試みます。

だけど、僕はそれが最善策だと思わなかった。

 

 

 

 

 

仮に成功したとて、

「ひょっとしたら、嘘をついていた方がもっと成功できたんじゃ….?」

という疑念は抱えたままになるでしょうから。

 

 

 

 

 

それなら、実際に嘘をついて稼がせてみる。

そして、それが通用しないことを身を持ってわからせる。

 

 

 

 

 

そっちの方が疑念は払拭されます。

 

 

 

 

 

知識として知るだけでは弱いです。

経験させてみないと、やはり知見が血肉にはなりません。

 

 

 

 

 

これは僕が何度も言ってきていることです。

机上の空論と現実は別次元だよー、と。

 

 

 

 

 

もし知識だけで全てが上手く回るなら、世界の大富豪ランキングは、トップ100全員が経済学者です。

 

 

 

 

 

でも、そうなってないでしょ?

経済学とは一切関係のない人、なんなら大学すら出ていない人がランクインしています。

 

 

 

 

 

机上の勉強じゃなくて、実際に行動を起こした人がランクインしている。

それだけ”やる”ってことが大事なんです。

 

 

 

 

 

なので、僕はトキさんに嘘をつかせることにしました。

それは、トキさんの人の良さを最大限評価した結果とも言えます。

 

 

 

 

 

嘘をつくことが成功すると、それに気持ちよさを感じる人がたまにいます。

そういう人間なら、僕はこの策を推薦しませんでした。

 

 

 

 

 

そうじゃなかったから、トキさんだったから、僕はこの策を1番上に持ってきたわけです(^_^)

 

 

 

 

 

 

良心の呵責に苦しんでいた・・・・

 

 

 

 

この策を提案したとき、トキさんは困惑していました。

 

 

 

 

 

「えっ、いいんですか….?」

「ハヤトさんが教えてくださったことと真逆なんですが….」

「ハヤトさんは嘘をついたってことですか….?」

 

 

 

 

 

そう思うのもごもっともでしょう。

ここですんなりと「わかりました!」と言われる方が困ります(笑)

 

 

 

 

 

それは、嘘に気持ちよさを覚える人間でしょうから。。。

 

 

 

 

 

トキさんがこの反応を示すのは、あらかじめ読めていました。

ですから、僕は前章の説明を行いました。

 

 

 

 

 

「実際に経験してみて初めてわかることも多いですから♪」

「トキさんもそれを理解できているんじゃないでしょうか?!」

 

 

 

 

 

そして、ある事実も伝えました。

それは、『この世は嘘で回っている』という事実です。

 

 

 

 

 

特にエンターテイメントなんてそうでしょう。

 

 

 

 

 

小説やライトノベル、マンガやアニメなんて嘘の塊です。

同様に、ドラマや映画、バラエティ番組だって嘘だからけ。

 

 

 

 

 

そもそも、テレビやラジオなどのマスメディア、TwitterやInstagramなどのSNSも嘘まみれ。

 

 

 

 

 

どれだけ目を背けたって、この世は嘘で構成されています。

嘘が無ければ、この世は成り立たないということです。

 

 

 

 

 

だけど、嘘には罪悪感を感じるよう僕たちの体にはプログラミングされていますよね?!

なので、嘘とは言いたくない。

 

 

 

 

 

よって、”フィクション”とか”ファンタジー”とか言って、多少の安堵感を感じているに過ぎません。

 

 

 

 

 

その事実をトキさんに伝え、

「相手を騙すというより、小説を作って楽しませる感覚でやったらどうですか?」

と提案しました。

 

 

 

 

 

多少コールドリーディングにテクニックも使いながらでしたが(笑)、トキさんを納得させることに成功!

 

 

 

 

 

良心の呵責に苦しんでいたトキさんは、僕のこの荒療治を受け入れる覚悟が決まったようでした(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

月収が50万円を突破!

 

 

 

 

そうして嘘をつきまくってコンテンツを作った結果、トキさんは1年経っても全く稼げませんでした。

 

 

 

 

 

まー結果は最初から見えてましたけどね。

トキさんは嘘を使いこなせる人間じゃありませんもん。

 

 

 

 

 

僕と同じようにね。。。

 

 

 

 

 

僕は単に嘘が下手なのが原因でしたが、トキさんは人が善いのが原因です。

どうしても人の善さが邪魔をして、文章がめちゃくちゃになってしまいます。

 

 

 

 

 

結果は最初から分かっていましたけど、それを経験させるのが最大の目的でした。

言い方を変えれば、トキさんは1年を無駄にしたかもわかりません。

 

 

 

 

 

ですが、向こう10年を見据えたときに、残りの9年を曇り無くネットビジネスやっていく下地が整ったということ!

 

 

 

 

 

そうです。

<目先の利より未来の利>です!

 

 

 

 

 

嘘で稼げないことを身を持って理解できたトキさんは、一点の曇もなく正直なネットビジネスを再開しました。

 

 

 

 

 

結果が出ない時期が続いても、邪な気持ちが生じず愚直に行動し続けました。

その結果、ブログアフィリエイトで月収50万円を達成できたわけです!

 

 

 

 

 

あれからトキさんとは連絡を取る機会も激減したので、今現在のビジネス状況はわかりません。

ですが、お客様を困らせるようなお金の稼ぎ方はしていないと確信しています。

 

 

 

 

 

それは、嘘をつくことに逃げようとした1年間があったから♪

 

 

 

 

 

その1年が無かったら、正直トキさんでも詐欺商材を売って儲けるような悪人になっていた可能性は否定できません。

 

 

 

 

 

人間、ほんの些細なキッカケで歯車は狂ってしまいますから….

だけど、幸いにも僕は彼の歯車をメンテナンスできました。

 

 

 

 

 

これからも読者さん・お客様の歯車を調整していければサイコーです!

 

 

 

 

 

「した方がいい遠回りもあるんだなぁー」

僕のネットビジネスの中に、また宝物が増えた出来事でしたね(*´∀`)

 

 

 

 

 

 

まとめ:嘘は悪くない!それを使う人間側の問題だ!!

 

 

 

 

以上、嘘についての記事を書きました。

どのように感じられたでしょうか。

 

 

 

 

 

嘘をつかない人間など存在しません。

もし存在するとしたら、その人間の存在自体が嘘です。

 

 

 

 

 

人間は嘘をつく生き物。

良いとか悪いとかじゃなくて、それが事実なのですから。

 

 

 

 

 

ですが、そんなことはどーでもいい。

大事なのは、<その嘘を通して何を得られるか>という部分です。

 

 

 

 

 

トキさんは嘘をつくことを通して、嘘の脆弱性と事実の強さを学びました。

そして、事実だけを使って稼いでいくことを決めました。

 

 

 

 

 

この学び限りではありません。

場合によっては、嘘をつくことで人様に価値を提供する道を発見した人もいますから。

 

 

 

 

 

そうした人は、小説家なり漫画家なり脚本家なりになります。

 

 

 

 

 

結局は、嘘を使用する人間の問題であります♪

嘘自体に何の責任能力もありません。

 

 

 

 

 

核兵器だってそう。

使用すれば戦争犯罪人になるけど、持っているだけなら自国を守る抑止力になる。

 

 

 

 

 

包丁だってそう。

人を刺せば凶器になるけど、料理に使えば人を幸せにできる。

 

 

 

 

 

結局は使い方だから・・・・

 

 

 

 

 

嘘の使い方を知り、上手く使いこなせれば人を楽しませる嘘をつきましょう!

僕みたいに嘘をつく才能が無いなら、事実だけで飯を食っていきましょう!

 

 

 

 

 

あなたはどちらの人間でしょうか??

楽しみですね(^O^)

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

・ネットビジネスをより掴みたい人!この記事たちもおすすめよ!!

 

 

【ネットビジネスの現実】スピッツのロビンソンがビジネスを教えてくれるって知ってた??

 

 

「ネットビジネスは怪しい!」はブランディングだ!騙されるな!!

 

 

【ネットビジネス攻略スキル】初心者がネットビジネスで稼ぐためには◯◯しか無い!

 

 

ネットビジネスは本気で取り組めば問題なく稼げるよーって話をします

 

 

【ネットビジネスマンの95%が知らない真実】量の時代は終わった!今は『少量高質』の時代なんだよ!!

 

 

 

 

 

 

===================================

 

※ネットビジネスをこれから始めるなら、ブログとメルマガは必須です!!

 

下記からどうぞ!!(僕もこの2つで1億円以上稼がせてもらってます♪)

 

・ブログ:【エックスサーバー】

 

・メルマガスタンド:【マイスピー】

 

===================================

 

 

 

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。