【ネットビジネス流ブランディング術】自分自身を賢く演出する方法7選

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!

【ネットビジネス流ブランディング術】自分自身を賢く演出する方法7選

 

 

ネットビジネスはブランディングで完璧になる!

 

 

ハヤトです。

(ハヤトの全てを理解して下さい♪→【人生レポート】

 

 

 

 

 

 

今日はブランディングについての記事を作ります。

 

 

 

 

 

 

丁度2時間前に、過去のコンサル生からブランディングについての質問メールが僕に届いていたので、「良いきっかけやな」ってことで、書いていきたいなーと♪

 

 

 

 

 

 

ブログ記事やステップメールなど、コンテンツを作る人は、それを受け取る人たちから

「この人凄いなぁ。」

「この人の言う事聞いとったら間違いなさそう….」

と思われないと、コンテンツビジネスを成功させることはできません。

 

 

 

 

 

 

”この人凄い!”と思われる要素は数々ありますが、インフォ系のビジネスをする場合だと、

「この人、私とは比べ物にならないくらい賢い!」でしょうね。

 

 

 

 

 

 

正真正銘賢い人であれば、ただ雑記的に記事を作っても知性が滲み出るでしょうが、およそ99.99%のネットビジネスマンはそうではないので、自分が作ったコンテンツから知性を滲み出すには、ワザが必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

そこで、僕が自分自身だったり教え子だったりを賢者に演出するためにやってきた7つの手法をここで公開したいと思います!

 

 

 

 

 

 

中級者・上級者向けで使いこなすのが難しい必殺技はメルマガに回して、この記事では、初心者の人でも、知ったその瞬間から使えるようなものを7つ揃えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

いくらSEOだったりSNSとの組み合わせを頑張っても、せっかく作ったコンテンツから賢者オーラを放つことができなければ、見込み客は一生獲得できませんのでね。。。

 

 

 

 

 

 

月収500万くらい稼げているならいいですけど、そうではないビジネスマンたちは絶対に賢者ブランディングの方法を知るべきですので、ぜひメモを取りながら読み進めていってください。

 

 

 

 

 

 

それでは、レッツゴーーー!

 

 

 

ネットビジネスマンを賢くブランディングする7つの方法

 

①物事の細部を語る

 

 

 

これが有効な理由として、

【中心からできるだけ遠い点を打つことで、半径の大きい円の内部を知る者になれるから】

ってのがあります。

 

 

 

 

 

何を言ってるかよくわかりませんねw

わかりやすく書いていきましょう。

 

 

 

 

 

たとえば、野球の話をしていたとします。

あなたが友人から、「好きなプロ野球選手、誰?」と聞かれました。

そのときに、「ソフトバンクの柳田選手だよ。」と答えます。

 

 

 

 

 

 

まぁなんてことないやり取りですよね。

「あぁ、そうなんや。」「ギータのパワー、凄いもんなぁ。」

なんて、その友人は返してくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ただ、この返答をしたときに、

「こいつ、野球に精通してるなぁ」とはならないんですよ。

 

 

 

 

 

 

だって、柳田選手といえば、日本野球界で1,2を争う人気選手ですから。

最悪、「ミーハー野郎やな….」なんて思われるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

しかし一方で、好きな選手として「阪神の小野寺選手だよ」と答えればどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

「えっ、小野寺?誰やそれ。」

「〜(スマホでこっそり検索)〜」

「へぇ、最近支配下契約を勝ち取った育成出身の野手なんや。」

「てかこいつ、こんなとこまでチェックしてんの?!」

「野球詳しすぎひん?!」

ってなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

”野球”という中心点があり、そこから遠い”阪神の小野寺選手”という点を打つことで、この2点を結ぶ半径の大きな”野球というトピックの円”の内部全てに精通していると、相手が勝手に自分を高く見積もってくれます。

 

 

 

 

 

 

実際、阪神以外の球団についての知識が全くなくてもいいんです。

 

 

 

 

 

 

ジャイアンツの菅野投手や楽天の田中将大投手など、知ってて当たり前レベルの選手を知らなかったとしても、阪神の小野寺選手を知っているだけで、高評価確定ですから。

 

 

 

 

 

 

これをビジネスに応用させ、「えっ、そんな知識まで知ってるの?!」という、めちゃマニアックな知識を出せば、勝手に相手はあなたをプロフェッショナルだと判断します。

 

 

 

 

 

 

無料ブログで公開できないレベルの裏ワザですが、まーいいでしょうww

 

 

 

 

 

 

これを1つ目とさせていただきます。

 

 

 

②専門用語を多用する

 

 

 

これが効果ありなのは、

【”専門用語を使う人→プロフェッショナル”という思い込みが、人間には共通して組み込まれているから】

です。

 

 

 

 

 

 

ライティングでこれをするのはご法度ですが、ブランディングにおいては、ときに有効な手段と化すのがこのテクニックです。

 

 

 

 

 

 

使い方は簡単で、

「こんな難しい言葉、誰も知らんやろなぁ」

という専門用語をネットで検索して、それを記事中などで適度に散りばめるだけ。

 

 

 

 

 

 

これだけで、賢者ブランディングには有効なんですよ。

 

 

 

 

 

「そんな単純なやり方で?!」とお思いでしょうが、世の中で最も効果を発揮するのは、いつだって単純なものばかりです。

 

 

 

 

 

 

<シンプル・イズ・ザ・ベスト>

僕はこれほど本質を突いた言葉を他に知りません。

 

 

 

 

 

 

なぜシンプルなものが最強かというと、人間の種としての性質を利用しているから。

 

 

 

 

 

 

人間のDNAに働きかけるそれらの方法は、ほんの些細なきっかけを与えるだけで、本当に大きな効果を生み出します。

 

 

 

 

 

 

このテクニックも、そんなものの一種なわけです。

 

 

 

 

 

 

「うわっ、この人ムズい専門用語いっぱい使ってる!」

「めっちゃ賢い!」

どうやらこの固定観念は、人類共通に深い部分まで染み付いているようです。

 

 

 

 

 

 

こういった性質を熟知していたとしても、僕は知識が全く無いバスケで専門用語を多用する人と出会ったら、「この人バスケの専門家なんやろなぁ」と思ってしまいますもん。(笑)

 

 

 

 

 

 

それだけ人間が抗えない本能のようなこの性質を、ネットビジネスマンならば活用しておきたいところですね。

 

 

 

 

 

 

 

ライティングの本質的にはおすすめできないので、メディア全体のバランスを考える必要はありますが、メインはやはり誰にでも理解できる文体を心掛け、適度にこのテクニックを用いたコンテンツを作っておくのが最適でしょう。

 

 

 

 

 

 

これを2つ目とします。

 

 

 

③横文字を多く使ってみる

 

 

 

これをおすすめしたいのは、【簡単な言葉を難しそうな言葉に演出できるから】です。

 

 

 

 

 

 

”証拠””エビデンス”と言い換えたり、”格差””アービトラージ”と言い換えたり、”記事””コンテンツ”と言い換えたり、”情報””インフォ”と言い換えたり、、、、

 

 

 

 

 

 

いくらでもやりようはありますね。

なんせ英語にすればいいだけなんだから。(笑)

 

 

 

 

 

 

②でも書きましたけど、僕たちは普段生きていて、

<”賢い人”→”難しい言葉をたくさん知っている人”>

という思い込みがどうしても強いです。

 

 

 

 

 

 

②と異なるのは、この③はわざわざ検索して意味と用法を知る必要がない点です。

 

 

 

 

 

 

Google翻訳とかで、日本語の単語を入力して英語に翻訳された単語を見ればいい。

こっちの方が面倒くさくなくていいですね♪

 

 

 

 

 

 

”資本主義”という日本語は知っていても、”Capitalism”という英語を知っている人は少ないです。

 

 

 

 

 

 

「単に英語にしただけやから、難しい言葉でもなんでもないやないかーい」

って思われるかもしれませんが、普通の人にとっての”難しい言葉””自分の知らない言葉”という意味ですので、ここでは問題ありませんね。

 

 

 

 

 

 

賢者オーラを纏うために、

「俺はあなたの知らない言葉をいっぱい知ってるんだぞ!」

とアピールするために、このテクニックは手軽にできるので便利です♪

 

 

 

 

 

 

これを3つ目のテクニックとして書いておきます。

 

 

 

④著名なビジネスマンの言葉を引用する

 

 

 

これをやった方がいい理由は、【影響力を借りられるから】であります。

 

 

 

 

 

 

やはり影響力の武器は強すぎます。(こういうタイトルの大ベストセラーがありますね)

 

 

 

 

 

 

しょっぼ〜いヨレヨレの1000円のTシャツでも、BTSが着れば世界中で売り切れが続出しますし、1万円とか10万円で転売されることでしょう。

 

 

 

 

 

 

BTSのような影響力絶大な人たちに直接協力を仰ぐことはできませんが、彼らが過去に吐いた言葉を拝借することはできます。

 

 

 

 

 

 

ビジネスをしているから、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、イーロン・マスク、ラリー・ペイジ、孫正義、堀江貴文などの有名経営者がいいですね。

 

 

 

 

 

 

彼らの過去の言葉は名言集としてまとめられて記事や動画になっていますので、簡単にアクセスできます。

 

 

 

 

 

彼らの言葉を引用しつつ自分の意見を発信すれば、単にそのまま自分の意見を発信するよりも、読者さんに対する響き方が違います。

 

 

 

 

 

 

 

影響力ブーストがかかっているからさ。

 

 

 

 

 

 

僕も今現在、セールス専用のステップメールで、このテクニックを用いていて、僕の”月収2000万円”という実績に多大なる貢献をもたらしてくれています。

 

 

 

 

 

 

影響力を借りてくるこの手法を4つ目とします。

 

 

 

⑤話題を<”日常”→”主張”>の流れにする

 

 

 

これをすることで、【主張がより通りやすくなる】というメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

こんな具合です。

 

 

 

 

 

 

「僕の友だちが昨日コロナ失業しました。」

「収入の柱がなくなってしまい、めちゃくちゃ苦しんでいます。」

「こういう場合、収入の柱が本職一本しか無いと致命傷になっちゃいますよね….」

「やはりネットビジネスのように、収入の柱を何本も作れるビジネススキームだと、どんな時代になっても安心感がハンパないですね♪」

 

 

 

 

 

 

実際にあったことを助走として入れておくと、

「やっぱ何本も収入の柱が作れるネットビジネス最高!」

とだけ言った場合と比べ、自分の意見の説得力が段違いになります。

 

 

 

 

 

 

別に大きなイベントがなくたっていいんですよ。

 

 

 

 

 

 

「今日ニュースで給付金がなくて起こってる飲食店のオーナーさんが映っていた」

「いつものスーパーで買い物したけど、レタスが1割くらい値上がりしていた」

「最近、私は青春群像ものの小説にハマっています」

 

 

 

 

 

 

これくらいの普通の日常で十分です。

 

 

 

 

 

それを自分の言いたいこと・読者さんに共感してもらいたいこととセットで出すだけで、読者さんの反応は変わってきますから。

 

 

 

 

 

 

僕もビジネス系や美容系のステップメールはこのやり方で組立てているし、このやり方で書いていなかったときと比べて、成約率が30%も違っているので、なかなかに効果が高い手法です。

 

 

 

 

 

 

これを5つ目の手法とします。

 

 

 

⑥たとえ話で解説をわかりやすくする

 

 

 

これをやらなければならない理由として、

【頭の良さ=相手に理解させる力】

だというのが挙げられます。

 

 

 

 

 

 

”賢い””頭の良さ”というのは、同じ意味で使う人が多いですが、厳密に言うと、その意味合いは異なります。

 

 

 

 

 

 

”賢い”というのは、”自分の知らない言葉を知っている”みたいな意味合いであり、②〜④のテクニックは、この”賢い”を取りに行く戦法になります。

 

 

 

 

 

 

対して、”頭が良い”というのは、”難しいことを誰でもわかるように説明する力”みたいな意味であり、この⑥のテクニックは、それを取りに行きます。

 

 

 

 

 

 

僕がこの記事のテーマにした

「自分のコンテンツに賢者オーラをまとわせよう!」

”賢者オーラ”というのは、”賢い””頭の良さ”の両方をコーティングして初めて完成です。

 

 

 

 

 

 

<たとえ話で理解させやすくする>というのは、イメージしやすいでしょう。

 

 

 

 

 

 

「リストマーケティングをやりましょう!」

「リストマーケティングというのは….〜なんたらかんたら〜….」

というのは、辞書的で機械みたいなので聞きたくありません。

 

 

 

 

 

 

そこで、

「恋愛でもさ、相手のLINEを知ってる方が付き合える可能性高いじゃん?」

「それと一緒よ♪」

「リストマーケティングは、相手の連絡先をまずは手に入れようよ!ってことやから。」

 

 

 

 

 

 

と、恋愛をたとえに出しながら説明した方が、そりゃ聞いてもらえますもん。

 

 

 

 

 

 

僕も有料商品の案内では、よくポケモンの例えなんかを使っています。

 

 

 

 

 

 

「ポケモンをプレイしてるとき、いつまでもモンスターボールで捕まえに行かないでしょ?」

「そんなことしたら、ディアルガとかミュウツーとかのレアポケモンは捕まえられないもんね。」

「お金を貯めてマスターボール買いまくって伝説のポケモン捕まえるっしょ?!」

「人生だって同じよ。欲しい自分になるためには、良きタイミングでお金を使ってマスターボール買わないとね♪」

 

 

 

 

 

 

 

みたいな。

 

 

 

 

 

この表現がすっごい評判良くて、教え子たちに都合の良いようにパクられています。(笑)

(全然いいんですけどね・・・・♪)

 

 

 

 

 

 

読者さんが「読み続けたい!」って思う表現にしないとね!

 

 

 

 

 

 

これを6つ目のテクとして加えておきます。

 

 

 

⑦少しオーバー気味に具体性を追求する

 

 

 

これを取り入れなきゃいけない理由は、【読者さんの疑いの種を潰せるから】です。

 

 

 

 

 

 

話が具体的じゃないと、聞き手の中で”疑いスイッチ”が押されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

「僕は1ヶ月で200万稼ぎました!」

とか言っても、

 

 

 

 

 

 

「えっ、そんなわけなくない….?!」

「どうやって稼いだのかとかなーんにも書いてないし。。。」

「怪しすぎる・・・・」

 

 

 

 

 

 

こんな風にお客様に思わせてしまうのは当然です。

 

 

 

 

 

本当にお金に困ってる人がそれを目にしてしまうと、せっかくネットビジネスに興味を示してくれていたのに、

 

 

 

 

 

 

「こんな怪しい人がいるなら、やっぱやめとこうかな….」

ってなるだろうし、その方の人生を変える可能性を1つ潰したんだから、かなり罪深いです。。。

 

 

 

 

 

 

そうではなくて、

「僕はメルマガとブログとTwitterの3つだけを使って、化粧品をアフィリエイトすることで、月収200万円を達成できました!」

 

 

 

 

 

 

「僕が声高にこの実績をアピールするのは、このノウハウを販売することで、僕も儲かるしお客様も儲かるし、損する人が誰もいないビジネスができると思ったからです!」

と、より具体的な言い回しに変えましょう。

 

 

 

 

 

 

そうすれば、お客様の中で”疑いスイッチ”はオフのままだし、

「こんなに具体的に書いてるんやから、たぶん本当やろうなぁ」

「自分の魂胆まで書いてもうてるやん(笑)赤裸々すぎるけど、悪いやつじゃなさそう….」

という反応に変わりますから。

 

 

 

 

 

 

こういった書き方は鍛えないと身に付かないので、普段のTwitterでの投稿とかで、

「今日の11:35に、表参道の〇〇沿いの✕✕っていう美容院の紫の看板の真ん前にあるカフェでランチしました!」

みたいに、具体性をもたせたアウトプットを練習しておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

最初は変に意識してぎこちないでしょうが、練習を続けるとだんだん意識しなくてもできるようになって、適当に雑記した記事がものすごいPV数を稼ぎ出すレベルにまでいけます。

 

 

 

 

 

 

これを最後のテクニックとします。

 

 

 

まとめ:ネットビジネスをブランディングで羽化させよ!

 

 

以上、賢者ブランディングをするための7つのテクニックを見てきました。

 

 

 

 

 

難しいことは全く言っておらず、初心者でも十分に取り組めるものばかりでしょ?

 

 

 

 

 

 

せっかくネットビジネスの世界に入ったなら、お世辞でもなんでもなく絶対に成功してほしいです。

 

 

 

 

 

 

どれだけ「怪しい!」とか「詐欺!」とか「きしょい!」とか言われても、僕にとっては人生を変えてくれた恩人ですから。

 

 

 

 

 

 

成功してくれないと、いつまでもネットビジネスを悪く言う人が増え続けるばかりで、ネットビジネスがポジティブなイメージになる前に、僕の寿命が尽きてしまいますから・・・・

 

 

 

 

 

 

この記事を含めた僕のすべてのコンテンツが、迷えるネットビジネスマンたちの道標になることを願っております♪♪

 

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

無料メルマガの登録もよろしくお願いします!!

ブランディングを極めるためのノウハウがギッシリパンパンですっ!(笑)

記事上部・下部のバナーからぜひぜひ♪♪

 

 

 

 

 

===================================

※ネットビジネスをこれから始めるなら、ブログとメルマガは必須です!!

下記からどうぞ!!(僕もこの2つで1億円以上稼がせてもらってます♪)

・ブログ:【エックスサーバー】

・メルマガスタンド:【マイスピー】

===================================

 

 

 

【ネットビジネス完全網羅版!】100万円の価値がある超おすすめ無料メルマガ!!